SPONSORED LINK

ミンダナオ西部縦断旅行、コタバト、ラナオ、バガディアン、サンボアンガ、バシラン(その1)

SPONSORED LINK

予想外に金が掛かったので。とっとと帰ってきた。飛行機よりバス運賃のほうが高いんじゃない?

それにプラスして人数分だけ飯代だって掛かるし、未知の地区で怪しげな格安にホテルに泊まる訳にもいかないし・・・・などと我侭言っていたら5日で金が底を尽きた。(まぁ、農園の備蓄用の干し魚を箱一杯買って帰ったってのもあるのだが)

帰って来たら残り金これだけ・・・

とりあえず、行った場所(主に通過した場所ね)から順々に掲載してゆこうと思う。バスやバンを乗り継いで行ったので、前半は車窓撮りが多く少し鮮明度が悪いがご了承を。

一応、動画も撮ってきたけど、編集が割と面倒で、撮る時は威勢良く撮ったものの、自宅に帰ると動画のアイコン見ただけでウンザリしてしまってどうしようって感じ。

写真などを5回くらいに分けて掲載してゆく予定だが、いつもの日常の様子も平行して報告してゆく。
動画は全部で5本程度で一本あたり5分くらいにまとめて載せてゆこうと思う。(効果は入れません、面倒なので)

漁業と農業で潤う水の街「コタバト市」

ミンダナオにはコタバトと名の付く地域が複数あり混同されやすいが、一般的にコタバトシティと言えば西の中心都市のここである。

大きな川に囲まれ海にも近く、農業と漁業で潤うミンダナオの中核都市である。

一般的には危険な場所と見られがちだが、私が見る限りフィリピンの他の都市に比べて特別危険な感じは受けない。実に平和で居心地良さそうな街で人当たりも良い。フィリピン各地を結ぶ空港、各種学校やモールをはじめ、ジョリビーや、都会にしかないマクド
ナルドまで一通り揃っている。市街地にいる限りは危険な匂いとか居心地の悪さは感じない。

しかし、外界へ出るターミナルに一癖ある。マニラの観光地にいる様な鬱陶しい手配士がおり、たとえばトライシクルに乗った後にバンに乗ろうとすればトライシクルに乗った段階でまだ乗ってもいないバンの値段が釣りあがっている。

乗り物同士の連携が出来上がっていて後々の乗り物の値段まで上がってしまうッツー具合だ。まぁ捨て銭打って払って行くのも手だが、こちらを余所者だと知っている人間に命を任せるのは一歩間違えば危ない橋でもあるのでどっちにしても気をつけたい。

現地のトライシクルのドライバーはよそ者を嗅ぎ分ける能力に長けており、わざとモスレム語で話しかけて来て、こちらの反応を見て余所者かどうか判断する。(現地の他民族はどうしているかというと瞬時に共通語のタガログで話し返す)

そんな感じなので、外国人単独で交通機関を使うと大変目立つのでバンやジープを使ってコタバトに出入りする時は、偽装とモスレムの同行者が必須である。町の民族比率はカトリックとモスレムで五分五分くらいだと思うが、交通機関に関して言えばモスレムが全てを押さえており、彼らに命を預けなければ陸路で街を出る事さえ不可能になっている。

コタバト市から外界に出掛ける瞬間ってのは、ドラゴンクエストに出て来る平和な村から、武器を装備して野獣の森へ戦闘に出掛けるシーンと似ている。

逆に、戦闘が終わり野獣の森からコタバトへ戻ってきた時はとても安堵感を感じる。なんだか意味不明な説明だが、そんな感じだ。

コタバトの街中などを歩いたり買い物したりするのはフィリピンの他の都市と変わらないので滞在を街中に限定し、飛行機だけでコタバトに出入りするならむしろ他の大都市よりスレてない分だけ居心地良さそう。

景観豊かで魚が豊富で物も安く、バカらしい観光客も少ない良いところだ。私的には観光荒れしていない所が好きである。

SPONSORED LINK

コタバトに向かうまでの車窓の景色から♪

シャリフアグワクという田舎の街を通る。
アンパトゥアンの下にある町だ。

残虐な政治事件が起こったアンパトゥアンに行った時のレポート。

※現在リンクが切れています

アンパトゥアンの中にひっそりと佇む少数民族の村を訪問したときの様子。

※現在リンクが切れています

 

最近やたらハマーを見掛けるんだよね。それも色違いで多数・・・

 

この川を越したらコタバトだ

ド田舎過ぎるコタバトのバスターミナル(爆)
(街の5km外れにある)

まだ街から遠い。なぜこんな場所に停留所を作ったのか理解に苦しむ。

乗合いジープなど、地元の乗り物に乗り換えて市内に行かねばならない。

 

イスラミックな女学生が半数くらいいる。

 

 

ロードスターと武装隊。

 

ジョリビーは少なくとも二軒はあった。

 

マクドナルドがあったので嬉しかった。

思わずジープを降り、ゾンビの様にマクドナルドを目指してしまった・・・・

 

ハンバーガーを買おうとしたら、従業員に「豚入り」であるが大丈夫か?と質問された。誤って買う人がいないよう、他所とは違った配慮がなされている。

 

正面にはレッチョンバブイのショップが複数あったりするマギンダナオとかだとこういう店は無いね。

 

郊外に日本の国旗。

 

昔から華僑が多いみたいで、古めかしい中国語の学校だとか、中国語の消防署だとかを見掛けた。

 

市内はまったりしてます。

郊外にあった秘密要塞?サイロっぽいね

 

 

コタバトの乗合いバンのターミナル
ここで乗り換えて更に西へ西へと向かいます。

 

車内の様子。

実は、ここから先は国道にもかかわらずバスというものが一切通ってないのだ。怪しく小汚いバンに乗って街を出るしかない。

この路線は北と東の都市とコタバトを結ぶ主要路線だ。しかも舗装道にも関わらず一切のバス会社は運行を避けている。ドラゴンクエストな街だから仕方ないのだろうが、なぜそうなるのか理由らしきものを今回車窓から垣間見たので後日説明する。

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Mindanao-Tourism
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました