SPONSORED LINK

少数民族チボリ族のいるチボリ村で食事をした【少数民族、ミンダナオ観光】

SPONSORED LINK

近所の懲りない水田

この水田は私が知る限り二年以上不作が続いている奇妙な水田(周りは殆ど豊作なので不作になる理由が見当たらない)

通常、一般人なら2、3回連荘で不作を喰らったら耐えられないはずだが、ここの地主は何十回不作が続いてもへっちゃらだ。

前回は1ヘクタールで5俵くらいしか残らなかったみたいだが・・・ヘクタール20俵以上取れた話を聞いた事が無いんだよね。(当方は30俵以下なら放棄します)

今回も懲りずに謎の品種を変えて田植えを行ったようである。(嘘か本当か陸稲を撒いたみたいな事を聞いた)

丁寧に鳥避けのテープを隅々まで張り巡らせて重装備してあったので、「豊作にしたい」って意気込みだけは感じるのだが(この辺の人は鳥獣対策なんかしない)

しかし、よく見ると既に不作の兆候はあるんだよね。
既に3分の一くらいに稲が生えていない。(籾が雨で流れてしまったのだろう)

一体どんなオーナーが水田を管理しているのか、いつか余裕の持ち主をレポートしてみたい。

 

SPONSORED LINK

チボリ族の村でお食事

割と忙しくなりそうなので、今のうちにチボリ村のレストランで食事する。

ひなびた良いところで外国人の姿もよく見掛けます。

今日のご飯。
ティラピアの揚げ物一皿220ペソ(4~5人分)

 

私はロールキャベツを喰いに行ってるみたいな・・

名産のティラピアがメインだが、鶏とか豚料理も一応ある。

ティラピアのキニラウって珍しい物もメニューにあるけど、淡水の寄生虫がちょっと怖い気も・・・

(と言いつつ畑で湧く黄土色の水は平気で飲むけど)

ガイドマップが置いてあったのでスキャニングしておきます♪

 

【閲覧注意】ネズミを食べる猫3【ラーメンの様に内臓を食べる】

今回は生きたネズミを追うシーンはありませんが、美味しいラーメンでも食べているかのように至極の表情で内臓をすする御猫様がかわいいです。

グロに弱い方は、ご自身のゲロで衣服を汚さないように清潔なタオル等を用意してご覧頂ければと思います。

当映像はハイビジョン撮影致しましたが、回線速度の関係でVHS以下の解像度でしかお見せできませんでした。原画はすごく良かったのですが・・・

ちなみに水田の住民は普通にこれを食べています。農園の人たちは子ネズミを「生」で食しています。別にグロでも何でもないのです。「吐きそう」だなんて食材に対して失礼ですよね。

※動画は削除されました

 

チボリの子ども

レストランの入り口でタイコをトントン叩いて、少数民族風のレストランの演出をしている子。あくまで店独自の演出。

 

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Mindanao-Tourism
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました