SPONSORED LINK

フィリピンコブラと猫の戦いを見た/ドリアン中毒のニュース

SPONSORED LINK

コブラと猫の熾烈な戦いを見た

今回コブラを発見したのは猫だった。

外からウーウーと二匹の猫の鳴き声が聞こえる。ただならぬ雰囲気の鳴き声だったので、あわてて倉庫に行ってみると、なんと黒猫とトラ猫がコブラを挟み撃ちにしていたのだった。

衝撃の光景を目にした私は、あわててカメラを撮りに戻ったが、再び外に出た時には猫は逃げてしまっていた(私が急に走ったからビックリして逃げたのだろう)

日頃から米倉のネズミ管理をしているうちの猫があんなにも勇敢だったとは。以前、コブラの死骸を見て嫌がっていたので、てっきり戦う気はない物だと思っていたが違ったようだ。以前猫が蛇を避けているとか言ったがそれは誤り。

これは役に立つ猫だわ・・・
(我々に蛇の危険を教えたのかもしれないね)

彼らを神として祭らなければならないレベル。

このコブラ達、表玄関から迷い込んで入ってくるらしい・・・ネズミを探して来たんじゃなくて迷い込んで来ただけだと周囲の者は言っているが!?どうなんだろう。

私は米に釣られて来たネズミに釣られた連鎖だと思っているので、米の下に猫が入れるほどの隙間を作ったスノコを敷いて対策してみようと思うが。猫が快適に動ければネズミがいなくなるし今回の様に監視もしやすかろう。ネズミがいなければ蛇も時期に減ってゆくだろう・・
減らなければ諦めようw

獲物は焼いて食う。

 

ユーチューブ動画
※動画は削除されました

もう二度と使われる事の無い哀愁を放った自家製の搾油機の中に逃げ込んでしまったのだっ・・・
何のために苦労して作ったのやら・・

うなぎの様にうごめくコブラ。緊迫した捕獲シーン。

今日はオクラを茹でながら退治するシーンは無しw

これは散々たる米・・

 

ドリアン風味の菓子で1300人に中毒症状、フィリピンニュース

>ニュースによると、フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島の南スリガオ(Surigao del Sur)州で、
>果物の「ドリアン」風味の菓子を食べた小学生から高校生まで1300人以上の子どもが10日、
>下痢などの中毒症状を示したと同州知事が明らかにした。
>小型トラックなどで菓子を売っていた男女計9人がこれまでに逮捕された。

 

こりゃ、やっぱりなって感じだ。中毒出ないのが不思議って思ってたわ。大体は店頭で売れなくなった腐ったドリアンで作っている事が多いんだよ。特に個人商店はね。(モロに見た事あるし)元々腐ったような匂いがしている果物だから少々腐ってたってわかりゃしない。そこが味噌。よくドリアン専門店の裏の小屋とかでオッサンが作ってるよ。

しかし子どもばかりに売るなんて酷いやつらだ。

マンゴみたいに単価が安い果実は採り立てを工場に回せば良いだけだが、高額な果物は一旦商店に並べて腐るまで置いてから加工した方が金になる。

ドリアンをホンの少しだけ栽培してるから分るけど、収穫するとあっという間に熟す作物なので商売が難しい作物なんだと思う。

 

ぺったんぺったん、餅つきしましょ・・・
じゃなくて、籾摺りね。

髪が茶色で栄養失調。だれかガタス(ミルク)買ってあげて~

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
meawmeaw
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました