多分、私は熱帯病だった / 珍しい種無しパパイヤ

多分、私は熱帯病だった

まだ眩暈が残っている状態だが10日間苦しかった。

インフルエンザっぽい症状で頭がチクチク痛くて高熱で目の前の
ものを取るのも苦痛になる症状・・・以前もあった再びあれだ・・

病院へ行っていないので確定的ではないのだが、周りにインフルが流行った
様子は無かったし、でもデング患者がいたりして多分デングに間違い
ないと思う。

病院へ行かなかったのはまぁ所謂フィリピンスタイルである。どうせ有効な治療法などないんだし、家と同じような寝床に寝て高額な点滴をひたすら打たれるだけなら行かない方がいい。病院へ行くメリットは仮に死んだときに迅速に死亡診断書を書いてくれる事くらい。

私は最初の頭痛でなんか怪しい気がしたのでいつもの頭痛薬は避けて無難なアセトアミノフェンの錠薬を飲んでしのいだ。

信仰深い現地人は祈祷師のところに行ったりもするが、まぁ信じる者にはプラシーボ効果である。祈祷師のところへ行こうとする人ってのは大概症状がマックスで自宅に帰った頃に丁度症状が治まるパターンが多いと思う。病気の治りかけに祈祷師に行くから凄く効いた気になる。

まぁ病院も同じだが。

 

デングで危ないのは子どもだ。大人がデングで死んだ話はあまり聞かないが子どもはバタバタ死んでる。多分、子どもの場合は重症化して輸血しなきゃならん事もあるらしいので祈祷師に行ってる間に重症化してしまうのではあるまいか。子どもの場合はさっさと病院へ連れて行った方がいいようだ。

と言っても近所の子どもは行ってないけど。

 

■種無しパパイヤ

ここ数ヶ月毎日のように食べているが、種無しは初めて。

ちなみにパパイヤでお通じがよくなると言われるが、毎日食べていると効果は薄くなってくるようだ・・以前はスパッと気持ちよく逝ったが今は耐性が出来たみたいで元のパターンの便秘に戻ってしまった。

これは以前から不思議だと思っているが似た柄の猫が集まりたがる。敵から身を保護しようとする本能なのかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Topic-Philippines
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました