SPONSORED LINK

クリスマスにサリサリで生計を立てるドイツ人の家へ行ったらあまりにも質素だった

SPONSORED LINK

お騒がせしました。急に圏外になってブログが消えるというトラブルに見舞われましたが、勝手に復旧したようです。

丁度忙しくなって来たし、そのままずっと放置しておこうと思ったんですけど。
—————————————————–

「24日の夜にパーティするからおいで!」ってドイツ人から言われたていたので、ノコノコとドイツ人の家へ出かけていった私・・・(私のところはパーティやらないので)

それで、夕方6時に着いたんだけど、机の上がこんななの。とても人が来る気配は無く準備さえしてない。

子どもは「ご飯作らないのママー!」とか言ってる・・なんか空気が変だぞ。

おい養子よ~、生きてるか~?

ここは近所の子どもが引っ切り無しに歌を歌いに来る。(小遣い目的のカロリン)それは全てガン無視。

お、ディナーがやって来たぞ!

オカズは昼の残り物と思われる冷えたスープと激甘スパゲッティ。ご飯はいつのものか分からない冷や飯。ドリンクは水道水w
(飾ってあるフルーツは偽物w)

こ、これは!?もしかして・・来る日を間違ったかな(爆)

とりあえずスパゲッティだけ一口頂いて去る事にした・・・

 

ふと見ると、いつの間にか机の向こうに始めて見る女の子が座っていた。聞いてみたら奥さんの従姉妹だとの事。

なんかよそよそしてると思ったら、みんなが急に・・・・

「ハッピーバースデーツーユー♪!」と歌い始めた(爆)

クリスマス!&誕生日!

そうか!!

私はダブル役満を引いてしまったのだな(爆)

 

ドイツ人から彼女へピンクのスリッパが贈られた。従姉妹は満面の笑み!

帰る準備してたんだけど、とてもそんな感じじゃなくなって、財布の中の赤い札全て引っ張り出して机の上に寄付してきた(爆)

だってまさかお土産が必要だとか夢にも思ってないでしょう?w

 

今まで数々の貧しい農家を拝見したけど、どこの農家もクリスマス正月だけは精いっぱい贅沢してる。庭を走っている鶏を捕まえてたりしてね。

ご飯は焚き立てで湯気を立ててる。貧しくてもなんか暖かい食事・・・

でも今日は本当に驚いた。外国人を旦那に持つ仮にもフィリピン文化がメインのお宅が水道水と偽フルーツでクリスマスを祝っていたとは・・・

あの養女はちゃんと食べてるんだろうか。先日貧しい農家で見かけたこの子の方が恵まれているかもしれない。

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Topic-Philippines
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました