SPONSORED LINK

スズメ退治/エスカレーターに初めて乗った子ども

SPONSORED LINK

エスカレーターに初めて乗った子ども【ほのぼの】

ミンダナオの村から出た事の無かった子が始めてのエスカレーターに乗る様子です。

【きゃー怖いィ!】初めてエスカレーターに乗った子どもの反応

スズメとの戦い

凄いんだ、うちに来るスズメの数。

よほど居心地がよいのだろう。うちばかりに集中してくる。納屋まで入って米袋まで突き破って喰う。ブルーシートで塞ぐなど対処をしても駄目だ。僅かな隙間があればスズメは入り込む。

多分、これを回避するには密閉式の貯蔵庫でも作るしかない。

庭には天敵の猫が多数いるが、スズメの絶対数が多いから一、二匹喰われ様がお構いなし。まるで突進兵だ。

雀達はエサの近くに寝床を作りたいみたいで、自宅の庭先に巣を作ろうとあちこちから稲藁を持ち込んでくる。

梯子を掛けてこまめに藁を取ったり、巣を作りそうな場所に新聞紙を丸めて突っ込んだりしてみたが、根本的な解決にはならず巣は増えるばかり。
(そのうち梯子から落ちて怪我するだけだろう)

スズメは鏡に映った自分の姿に反応する。(巣の近くのスズメだけかもしれない)その辺の鏡や窓ガラスに向かって一日中コツコツやっている。コツコツやりながら脱糞するし窓枠に傷もつける。

追い払っても追い払っても5分経てば戻ってくる。(もうこれはヒッチコックの鳥だよ)

一般的に効果的だと言われる方法は一通り試したが全く効果無し。音は一瞬逃げるがすぐに舞い戻ってくる。

光物は全くもって労力の無駄。巣の真横に5,6枚のCDをぶら提げても効果は無かった。

 

もやはカスミ網しかないか・・・

と思ったのだがフィリピンに売っている訳はなし、(こっちじゃ規制はないと思うが)かすみ網の代わりに魚網でも張ってみっか・・って事で魚網を探しに行く事にした。

隣町のマーケットをくまなく探すと、一軒だけ魚網を売っている店を見つけた。

店員に幾らかと聞くと1m15ペソ。

100mくれと言うと差し出されたのが二つの網の束。「これ本当に100mあんの?」と聞くと店員の返答は100m。

なんか疑わしいので、店に合ったメジャーを借りて円が幾つあるか数えて計算したら二割少なくて80mだった(もっと少ないかと思ったけど)

「何cm×何本だから80メートル」だと紙に書いてオーナーへ見せると、割とあっさり納得してくれて80m分の料金にダウン。1200ペソ払って自宅へ帰る。(あれはメーカー表示がいい加減なんだと思うwあれじゃ小売店が損をする)

現在苦労して設置中。

効果については後日報告する。

コブラの抜け殻も試してみようかと思っていたが拾って来るの忘れた・・・

 

誰がくれたかは謎だが朝起きたら玄関先においてあった。

これは土っぽい香りのする野菜だ。名前はなんだったかな。クリティスか・・忘れた・・・

今年は平成何年だったかな? はて、私のメガネはどこ!?

 

満天の星空

ホントはもうちょっと綺麗に撮れたらいいんだけど、小型カメラでしかもコン柱の上に置いて撮ったのでこれが限界。でも星が光ってるくらいは分かるよね。

畑の隅へ行って上空を撮ってみた。夜9時ごろかな。

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Self-sufficient-Philippines
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました