SPONSORED LINK

キャッサバ芋栽培の下調べ/水路にはまりかけた

SPONSORED LINK

お芋を植える下調べをしたり

今週は意味も無く、芋を植える為の下見やらなんやらしている。あれから、山の空き地に植える何か良いものが無いかとず~っと考えているのだが、選択肢の一つとして芋(キャッサバ)もどうかと思っているのである。

カボチャ(カラバサ)も考え中たが、土の上に出来る作物は盗みやすいので、人間の食害に悩みそう・・
だから却下かな。

出来るだけ放置プレイで育成できて、尚且つ売却が簡単な作物が良いのである。
実験的に植えたコーヒーは苗の期間が長すぎて動物から守るのが難し過ぎた。1年も待ってたら残ってる苗の方が少なそうだ(爆)

まぁそれでも、良い経験になったwうちで飲むくらいは出来るだろうし・・・

 

芋ってのはどの芋にも基本的に毒があるので、家畜が好んで食べる事はないと思うが(多分)周りに芋農家が皆無って事で、害獣の食害については未知数。ネズミの被害についても情報はない。

まぁ、様々な農作物が植えてある大地でわざわざ芋を選んで喰う害獣もいないと思うが・・・

キャッサバ芋は、お菓子のタピオカの原料として、また乾燥させて澱粉を取る原料にもなっている。元々毒があるので、中毒で死者が出た事もある。美味しいけど一歩間違えると危ない野菜。(毒抜きしないと駄目)

 

キャッサバ芋の特徴

栽培はとても簡単である。茎を地中に挿すだけで発根し、そのまま生育する。作付面積あたりのカロリー生産量はあらゆるイモ類、穀類より多くデンプン質の生産効率は高い。しかし食用とするためには毒抜き処理が必要なことや、毒抜きのために皮や芯を除去した芋はその場で加工しなければ腐ってしまうなど、利用の制約が大きい作物でもある。

ウィキペディアから引用

 

私の地方は米が主要作物なので、芋農家ってのは元々少ないのである。したがって、芋の収穫量や詳しい情報を得るには山を越えた街まで行く必要があった・・・

 

早速、芋問屋の調査に行ってみる。

芋狩りに従事する人たち。

んん、なんか楽しそうな職場!

加工中の芋

4s-DSC08414.jpg

芋問屋の中に入り込むと、オーナーらしき夫妻が芋の苗の値段など教えてくれた。

SPONSORED LINK

ざっと聞いた限りではこんな感じである。

◇まず、最初に土地を耕す事が必要である。(当たり前)
出来るだけ柔らかく耕すとの事だ。

耕す時間はディペンディだが、1haだと2匹のカラバウで1日か?1ha辺り300ペソ×2+農夫さんの食事代等である。

 

◇苗を問屋で準備してもらう。

1haに必要な苗は125バンドル(単位)、1バンドルは25本で15ペソ合計3125ペソ。一本を更に切り分けて使えるみたい。プラナリアみたいだな。

苗は、芋を植えている農家が知り合いにいれば、分けて貰えばタダである。しかし、農家に交渉したり、切ったり梱包するのは結構大変。出来た芋の受け入れ先等も考えると、問屋で買った方が無難そうだ。

◇苗植え作業

苗植えといっても、苗を土の植えに落として足で土を掛けるだけでいい。
農夫さんの作業賃は1haで1200ペソ程度だそうだ。

それに飯代が掛かる。

 

◇沈黙の時間

11ヶ月の沈黙が続く。
余程土地が痩せてない限り、肥料の必要は無いそうだ。

 

◇収穫

一般的に、収穫は問屋が代行して行ってくれるそうだ、これは便利。しかし、農園はかなりの山奥なので必ず来てくれる保障はない。

来てくれない様なら、トラックを手配して自分で問屋に持ち込む事になる。自分で持ち込んだ場合の卸価格は聞き忘れた。

 

問屋のオーナーが語るには、1ha収穫した芋を売って得られる売却益は・・・70000ペソ。

経費は10000ペソ?くらいらしい。
年に6万ペソ?悪い稲作くらいか?かなり良いぞ!?

 

まぁ、問屋も始めて聞きに来たワシ達に悪い数字は言わないだろうから、100%は鵜呑みに出来ないが、仮に3割りサバ読んでるとしても、それでもザッと5万ペソの売却益か。

経費が1万ペソしか掛からないなら、それでも充分余る訳だが・・・

ただ、年に一回の収穫なので、農園みたいに使いようのない農地を持て余しているような農家には良いと思うが、便利で何でも育つような土地をわざわざ芋に転作するのは勿体無いね。

マニラのスモーキーマウンテンを題材にしたドキュメント映画で、ゴミで出来た空き地にキャッサバ植えてるスクワッター住民がいたけれど、ああいう植え方が一番良いのだろう。
(見た人しかわかんないw)

まだ、一箇所話を聞いたばかりなので、数字が間違ってる可能性もあるが、もう何箇所か話でも聞いてみて、農園に適していそうなら5月か6月にでも植えるかな。

気になるのは、山の畑の半径50十キロ以内にキャッサバ畑が無いって事なんだよね。

これが何を意味するのか。何か罠は潜んでいないか。今まで誰も試してないだけならいいんだけど、問屋までの距離が致命傷になるのは嫌だ。

 

水路に落ちかけた

やってしまったぁ・・・

なぜ、こんな所にタイヤがキッチリ嵌まる穴が開いているの?

良かった農夫さんが丁度いて!!

この程度の亀裂なんだけどねぇ・・

 

メンコっぽい遊びをする少年がいた。

おばちゃんたちお疲れ様。

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Self-sufficient-Philippines
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました