SPONSORED LINK

ウズラの飼育/変な理由で豚が増える/狂犬病予防接種も大詰め

SPONSORED LINK

うずらのようす

買ってきたうずらは奇跡的に一匹の死傷者も無く生息している。

買った段階の生育日数を知らないので現在何日間なのか分からないが、推定生後40日?随分大きくなった。

オスがよく鳴くみたいで、バッタみたいな鳴き声で鳴く。結構うるさい。

ジャンプする姿をよく見掛けるので、何をしているのかと思ったら、天井の虫を一生懸命捕獲したりしていた。

 

まだタマゴを生む鳥はいない。フレッシュな卵を食べられる日を心待ちにしているが。

まさか、全部オスというオチは無いのだろうな!?

 

 

SPONSORED LINK

豚もいる

利益を考えず豚を飼っている。完全に遊びね。

餌を自家調達できる農家ならなんとか・・・って感じの養豚。

正直、配合飼料買って利益出すのはプロじゃなきゃ難しいだろうね。

 

今の所10匹ほど住んでる。

子豚を担保に金を貸してくれという農家が多く、その度に豚が増えているおかしな状況。1匹1500ペソMAX

担保というか、購入だよね。
来る人は貸してくれって来る訳だが、一旦こちらが育てたものを元の価格で持って行かれたら大変だ。

引取りに来る人はいないけど。

餌はバナナ(笑)

そんなバナナって感じだが、殆どバナナで育っている。精米した時は糠もやるが、それでもバナナが圧倒的。

 

バナナは農園に幾らでも生えてるし、買ったとしても痛みバナナは格安で買えるので飼料より安い。これが最適な方法なのかは分からないがこれでよし。考えてみれば贅沢な餌ではあるが。

バナナを皮ごとバケツで放り込むだけだよ。

豚も喜んでるみたいだ(多分ね)

 

実はパーム果実だけでも立派に育つので、農園で放牧すれば、コストを殆ど掛けずに育てることが出来るのだが、柵の設置に金が掛かるのと家畜泥棒が未知数なので手を付けていない。

SPONSORED LINK

狂犬病予防接種も大詰め

明日4回目の注射である。これであの犬が狂犬病であったとしても無かったとしてもとりあえず安心できる。一回目だけ浣腸並みの注射で驚くが、2回目以降は肩にちょろっと刺すだけなんで数秒で終わる。

 

まぁ、いい経験になった。

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
meawmeaw
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました