SPONSORED LINK

フィリピンの危険な電線や道路/猫がパンク修理手伝ってくれた

SPONSORED LINK

これを見てほしい。

フィリピン全域でひ非常によく見る危険な光景。

ご丁寧に電線の先端も被覆が剥いてある(爆)

 

車なら絶縁されているから大丈夫かもしれないが、歩行者だったら一発感電だよ。子どもがイタズラで触れたりしたら大変だ。

こういう危険物に万が一触れてしまい、例え死者が出たとしても自己責任で行政もタッチしないから、常日頃から注意しとかなきゃいけない。

特に無知な子どもには、日ごろから「電線は触っちゃ駄目だよ」って教えとかなきゃ危ない。200Vで高電流なので、触れた箇所が悪ければ速攻死ぬよ。

大人は結構分かっているようだが。

 

ホント、電線ってのはあちこちの天空でぶら下がっていて、車の高速走行中にぶら下がり電線に高速で接触してウィンドウが傷ついた事があるのを以前レポートした事があるくらいだが、前を走ってるトラックが電線をぶち切るのを見た事が10回くらいある。(大体ぶち切るのはトラック)

 

そのちぎれた電線が振り子のように歩行者に当たって、付近の歩行者が蜘蛛の子を散らす瞬間も割とみる。国道沿いは歩くだけで命がけだよ。

 

 

あと、過積載トラックの恐怖。

(過積載なんてあんまり人のことを言えないが。)

 

これを見てほしい。

過積載でホーシングが折れたのだ。

一本折れて他の軸も耐え切れなかったのだろう。

 

付近に歩行者がいなかったのが幸いだが、万が一歩行者が歩いていたら、一俵の米袋にアタックされただけでも
骨折は免れないと思う。

 

日本でもあったよね。トラックの車輪が外れて転がって歩行者が死んだ?んだったかな?事件があったよね。あーゆー事故は日本ではホントに稀だが、私はこっちでトラックのタイヤが外れて転がる現場を少なくとも2回見た。(タイヤがぐるぐる転がってる瞬間だよ)

トラクターのタイヤが外れるシーンも含めると5、6回見てる。凄い目撃率だよね。

 

だから、自分たちはなるべく国道沿いは歩かない様にしてる。もし、ハイウェイを歩いていたとしても、遠方にトラックやバスの音を感じたら、速攻飛んで逃げる癖を付けてる。

それでも100%防げる訳じゃないけどね。

確率を減らすのが大事だし。

バイクも気をつけなきゃ。車やトラックは轢くつもりで走っていると思っていた方が良いくらい。

この前隣町を走行中、壮絶な事故現場を見た。バイクがトラックに引きずられた直後だった。車を降りて見に行くと、男女の判別が出来ないほど顔面の皮が引き裂けた男が、無言で助けを求めていた。

こういう事故はニュースにならないが頻繁にある。

救急病院なんて、しょっちゅう骨折患者が運ばれてくるよ。フィリピンの病院は内科なんて殆どなくてメインは外科だよ。大半はバイクの事故だと思う。

 

そもそも日本よりドライバー人口が大幅に少ないんだから、しょっちゅうは異常だと思う。

狂犬病の予防接種の待ち時間につくづくそう思った。

傷付けられても相手が日本人じゃない限りお金はくれないと思うし・・・それは冗談だが、自己防御するしかないよ。

みんなで気をつけよう。

SPONSORED LINK

椰子老人の畑の収穫

子どもが沢山いた。

資金調達で潤った子どもを見ていたかのように、アイスクリーム屋のオヤジが入ってきた。

ちゃっかりしてるわ、覆面アイス屋。

でも、買えない子もいる。

代わりにお菓子あげる。

 

トラックのタイヤをスパイクタイヤに交換していたら猫も手伝ってくれたよ。

 

 

 

 

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
meawmeaw
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました