SPONSORED LINK

ケチなイロカノ族/フィリピン1ペソビジネス、ジュース売って儲けよう

SPONSORED LINK

今は地域全体が収穫期なので村は忙しいのである。私のところも脱穀軍団の都合に合わさなきゃならない関係上一気に忙しくなってしまった。

近所の子どもたちはボーナス獲得のチャンスに沸き立っていた。効率よく回って拾えばマーケットのバイト代の一月分を一週間で稼いでしまうそうだから沸き立つよね。落ち穂拾いといってもバカに出来ないのだ。

さて、今日は不意打ちの夕立でやられた。

刈り取った稲が全部浸かってしまったから乾燥したいが、それが出来ない。トラックで気楽に運べたのは過去の話・・・

乾燥場にちょっと運転して持って行くって機転が現在では利き辛い。畑でそのまま乾燥させるって訳にもいかないだろう。(日に日に減ると思う)仕方が無いから安くても売却しかないな。

雨の日はトランプ。

おいおい、とんでもない事になってるぞ!

SPONSORED LINK

イロカノ族のおじさんのセコさに感動する

農園の実験水田がある水田2丁目はイロカノの人が多いのだが・・・・みんなハッキリ言ってせこいね(爆)

収穫して金持ってるのに、1円単位で飯代ケチる様な人ばかりだ。

 

一般的なフィリピン人のイメージと全く対局を行く人たち。

全部が全部そういう人じゃ無いと思うけど、さすがビジネスのイロカノだと思ったよ。大阪商人顔負けだ。

みんなマルコス大統領を黒くしたような顔してるし。
(マルコスはイロカノ族)

画像はwikipedia様からお借りしました。

 

今日、水田で景色を眺めていると、近所のオーナーと農夫さんとの賄いのやり取りが耳に入った。

オーナー 「一番安いタニシと野菜で、50ペソで済ませてな(ニコニコ)」
農夫 「収穫なんだから、せめて牛の尻尾くらいは買ってくれよ!(怒)」

みたいな事を2時間くらい遣り取りしてる。

 

この水田では、こういうやり取りが、もう何十年も続いているんだって・・すご。

どうせ長続きしない農夫さんに1円でも余分な金を掛けるのは勿体無いとオーナーは考えているみたい。(落ち穂が人に拾われる事には一切触れないけど)

先日私たちが賄いを食べてると、他所の農夫さんが農園の立派な魚を見に来るんだよ。なんであんたの所はそんなに良い物喰ってるんだって。落ち着いて飯喰えないw

赤いボーシの人がイロカノのおじさん

でも、感心した、このおじさん。外見は貧乏で、車は化石になるほど古~いトヨタタマラウ。自分の誕生日を祝うのも無意味と考える人。

金を生むものにしか使わないスタイル。一般的なフィリピン人は米びつの米が尽きるまで使ってから働くのが一般的だが、この人は満タンの米びつからこぼれ出た米を金を生む事にだけに使ってる。

時々イロカノ族には関心させられるが、今日も意味も無く感心してきた・・・なんて褒めまくっているが、実は今日、トラックのバッテリーを上げてしまって、おじさんがわざわざ自分のバッテリー外して貸してくれたので悪口言えない。

そのお礼にと帰りにお金を渡したけど断固として受け取らないし(感動)せこいけど、気持ちの良い人だった。
(ホントはボロクソ書こうかと思って溜めてたんだが)

もひとつ関心したのは、このおじさん何言われても笑顔なんだよね。色々大変でストレスの掛かる収穫日に一日中感情変えないのは難しいんだよ。セコイだと何だと文句を言われる時も、人を使うときもず~っとニコニコしてる訳。(10人くらいに文句言われてたからね、よく笑ってられるよ)

これが天性の商売気質から来るものなのか、収穫日だから嬉しかったのかはしらんが・・あぁいった態度をしておけば敵は出来ないね。もし、自分なら、我慢できなくてどこかで発狂するか根負けして財布の紐を緩めるかどちらかだ。

このおじさんの態度なら、幾らセコかろうが、人に恨まれ様がない。ある意味最強だ。何十年も続けてゆける秘訣を勉強した気がした。

1ペソビジネス実験

水田周辺では連日どこかの畑で収穫が行われているという活気のある状態。

そんなひと気をみすみす見逃す手は無い。お小遣いを手にするチャンスにしよう♪

1人1ペソでも100人買えば100ペソだ!

 

格安の粉ジュースからアイスを作って売る。一袋で30個5袋で150個!(この時点では赤字覚悟)

お金がない子への資金稼ぎとして無理やりやって貰った。

早速お客さんが・・・

1時間ほどするとあっという間に行列が!

 

 

本物のアイスクリーム屋が通りすがったが、値段を聞いて去っていった。

又何かの販売員が来たが、1ペソの迫力に負けてすぐに退散した・・・・

 

ほーら、凄いじゃん!

即効で160本くらい売れたよ、完売。安くて量が少ないから1人が3本とか買う。

一袋9ペソのジュースで30袋以上出来る。冷蔵庫の開閉で失われる電力等を考えても(せこい)100ペソ浮いた。市場で女性が働いて得られる倍の日当を2、3時間で稼いだ事になる。

これからするかしないかは別として、いい思い出になったんじゃないかな。(こーゆーのはすぐ真似されるからあくまで遊び)

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Self-sufficient-Philippines
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました