SPONSORED LINK

採油機の部品探し/山の農園に図々しい甥がいる【搾油機の制作から搾油まで】

SPONSORED LINK

採油器の材料をジャンク屋でゲット

畑へ行った帰りにジャンクショップへ立ち寄ると、なんと真新しいL型アングルがあるではないか!?値段を聞いてみると、キロ30ペソ、ジャンク鉄と変わらない安さ!

すべてゲット(しかしフィリピンって物が高いよなぁ)

ゴミを漁って金目のものは無いか探していると、厚みが8mmもある強靭なチャンネル鋼を見つけた。これは強そうだ。こいつもゲット!

更に徘徊を進めていると、乗用車のエンジン内に使われていたと思われる歯車と謎のバーをゲット。切って差し込んでみると丁度シリンダーの内径と同じだった。これはいい。これは採油器のピストン部分として使ってみよう

L型アングルとチャンネル鋼は枠として充分な強度だ。

採油機は次回で目処を付けます♪

 

SPONSORED LINK

山の農地のいつものホームステイ先

いまだ電気の無いホームステイ先のお宅・・・ちなみに周りの家には全て電気は配給済み。

この家の主人はまぁまぁの地主で・・・娘はみんな都会で働いてて送金もしてくれて・・・

水田は農園の付属水田を無償で使ってて、カラバウも自分のものの様に使ってて、田舎だから金を使う場所もあまりないはずなんだけど・・・

なぜか全然お金が無い。この家の主人。
今回もコーンの肥料代をフィナンスしてくれって言われた(そんな金ないって)

道路の向こうの家は衛星放送を引いたし、隣の家は新車のバイクを買う予定みたいだし、山の農地全体の景気が悪い訳でもなさそうだが、この家だけは殆ど進歩無し。それともただ資産隠しをしているだけ?

まぁそんな事は別にどうでもいいんだけど、前はいた何人かの娘さん達は次々にいなくなって、最近は主人が連れ込んだ何人かの甥達が(勿論男でしかも働かない)が家の中を占拠してる状態。(何時の間にこうなったんだろう)

すっかり女手がいなくなり、飯作るのが体の悪い奥さんしかいなくなったので、私が連れて行った農園の食事係が甥たちの飯まで一緒に作らなきゃならない状態である。(フィリピンではよく男達が飯を作ったりするがここの男は作らない)

そこまでは許せるんだけど、その甥たちってのが、この家では凄く優遇されていて、必ず甥たちが先に飯に手を付ける

SPONSORED LINK

人の家の事だから文句言わないけど、なんか図々しい

働いた食事係の女の子は残り物なんだよ。そんなの許される?(飯代は農園持ちですよ)

 

夜、私が夜食のラーメンを自分で作って食事係と食べようとすると、甥たちが既にテーブルに座っている。なんなんだ。これだと食事係が遠慮して食べられない。

 

夜中に一杯のラーメン作るのって大変なんですよ。暗い中ライトをもって足元の悪い屋外へ水くみに出て、かまどに火を付けて木をくべて鍋にお湯沸かして作る。そこまで彼らがしてくれるんだったら文句言わないけど。

 

あの家は私の家じゃないし主人の奥さんがそうするから従うしかないが、私はレディファーストを貫くつもりなので、どうもこのお宅の方針には付いて行けない。例え業務上の付き合いがあるとしても。

 

そんな訳で、以前と比べて居心地は格段に悪い山の農園。

(これが現在の悩みだから、まぁ平和なんだろうと思う)

 

外ではバナナふかし隊がそんなバナナ!ってくらい大量のバナナをふかしてゐた。

ふかしたバナナの皮を優しく剥き、削ったココネッツと混ぜて田舎特製のフィリピン菓子を作る・・・

なんかこわい

こーゆー物ができました♪

(いや、幾ら暗闇だからってもうちょっと視覚的になんとかならないものか・・・)

味はそれなり。

(フラッシュも電気も無いので画質が悪いのはご容赦を)

 

 

さて、仕事が済んだのでとっとと帰ろう。ここに長居は無用。

 

近所の子に大根あげた・・・

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Machine-Repair-Cars-Tracks
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました