SPONSORED LINK

陸上自衛隊73式中型トラックを売る事になった

SPONSORED LINK

トラックを売ってしまった。
と言っても前金を貰っただけだが。

陸上自衛隊73式中型トラックの活躍を待っていた方もいるんじゃないかと思うがゴメンナサイ。もう、自分でトラックのハンドルを握ることは無いと思う。色んなリスクや、体の疲労を考えて卒業させていただこうと思う。

昨日はよりによって確実そうな購入希望者が、一日で2組も現れたのである。

そのタイミングが絶妙に悪いんだ。昨日以前に何時でも来れただろう!?って感じだ。

 

当初はもう投売り感覚で、売れれば幾らでもいいや!って感じだったのだ。はっきり言って激安だよ。

その投売りに、なぜかドイツ人が飛びついたのである。で、ガレージまで来る事になった。

 

そのドイツ人がうちへ向かっている間に、お次のお客さんがやって来た。

チボリ族の農園主を連れたバナナ会社のマネージャー?で、よく分からないが、バナナ会社からの融資でトラックを購入するらしく、予算はふんだんにあるそうで、ドイツ人の3割高を提示してきてる。

前金を払うとも言ってる・・・

でも、車両代金の領収書は多めに切ってくれと言ってる・・・(爆)
(こういうパターンは凄くよくある)

 

う~ん・・・・

前金貰えるなら、圧倒的に後の話が美味しそうだけど、ドイツ人は既にこっちに向かってて街毎に連絡をくれる状態・・・・

相手がフィリピン人なら土壇場キャンセルも常識だが、相手がドイツ人じゃそういう訳にも行くまいし・・・

両方から前金貰ったら詐欺だし・・

 

とりあえず、フィリピン人をキャンセル待ちって事にして、安いのを承知でドイツ人を待った。

先に約束したのがドイツ人だから、ドイツ人を優先するのはて当たり前の判断だけど、難しい選択だったよ。

フィリピン人の3割高ってのは魅力的だけど、フィリピーノ的なドンデン返しも100%無いとは言い切れない。

 

 

かと言って、ドイツ人がマトモとも言い切れないが。

それから、間もなくアインシュタインみたいなドイツ人がお供を連れてやって来た。

自主点検を始めたのだが・・もう、絵に描いたようなドイツ人の方で(笑)あちこちの点検まで2日掛かり。

私の所はドライバーがいないから、私以外に操作を知ってる人間がいない訳で、ダブル翻訳みたいな難しい説明を強いられながら点検した。

それが死ぬほども疲れるのだ。まぁ、向こうも疲れただろうが・・・

 

でも、こういうドイツ流?のチェックの仕方は見習わなければならないと思ったりした。チェックと言っても日本人みたいに外部の錆や傷を見たりはしないんだよ。構造的な部分を納得行くまで
触って見て、疑問に思った事はその場で聞いたり、その場でネットで調べたりするという。

で、それから試乗って事になるんだけど、その途中に例の病気が出てしまったんだよ。この前の修理は直ってなかったのだ・・・

プススン・・・って走行中に止まるんだ。

デタ!!って感じだよ。

 

もうこりゃ、商談は駄目だな・・・と思いつつ、そのまま近くの修理工場へピットイン。

 

それから自宅へ帰って、みんなで日本製の秘蔵のスルメいかをしゃぶりながらコーラを飲んだりした。

ドイツ人、心から感動しながらイカを喰う。

 

それからドイツ人はあちこち電話したり、アイフォンで調べものをする。エンジンの事も色々調べていたようだ。

私が購入した中古車センターにも面識があるようで、元の販売価格やレストア前も見た事があるのだとか。軍用トラックには詳しかった。

 

で・・・・・・

結局、ピットインしたままの状態で買うって事になったんだよね。まぁ欲しい時はボロでも欲しいからねw気持ちは分かる。

 

それから、後で文句を言われても困るので、いわゆるインフォームドコンセントを念入りに行って万が一、買って数秒後に壊れても文句は言わないでくれと念を押す。

まぁ、故障の状態を直に体験したから、それ以上は無いと思うが。

 

 

それから、支払い方法についての話やら何やらを煮詰める事にしたのだが・・・・
トラックの登録がまだ終わってないので「これじゃ自宅に持ち帰れないよ」とドイツ人が言う。

「それなら、検問が終わるまで路肩に駐車して待てばいいんだよ!」と、フィリピン人思考の私が提案したが、それは出来ないとの事(爆)

「じゃ、今回は買うのを止めたら?」って言ったのだが、意思は固くて買いたくて仕方が無いのだった。

 

結局、陸運局の人脈で、テンポラリーのナンバーを作るとか言ってたが。どうするのかは未定。要はこういう国だから要領次第という気がしないでもないが、まぁ本人が納得するようにすればよいだろう。

私なら素直に検問で待つか、その陸運局の人にチップ渡して運転して貰うかな。

 

しっかし、あの自衛隊トラックが、彼にはとても魅力的な車だったんだね。ドイツ製と日本製は世界で最高だとも言ってた。

 

日本人でもドイツのメルセデスが大好きな人は、沢山いるだろう。それは趣味として多分故障なんかも含めてだ。そんな感覚かもしれない。

正式な契約は明日。
ちゃんとお金が貰えればオシマイだが、最後までどうなるかは分からない。

ところで、3割高で買うというフィリピーノのTXTがじゃんじゃん鳴ってる。

やっぱり、買う気だったのだろうか・・・・

どっちの客も逃げるっていう最悪の展開は避けたい。

 

@修理工場。寄ってたかって調べてる。

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Machine-Repair-Cars-Tracks
フィリピン農園だより

コメント

タイトルとURLをコピーしました